アヤナス全成分

MENU

アヤナスの化粧水・美容液・クリームの全成分一覧を暴露!

アヤナスの化粧水・美容液・クリームの全成分一覧を暴露!

アヤナス全成分、敏感肌で悩む人は化粧品に含まれている原材料や成分にはどんなものが入っているのか気になりますよね。
自分の肌に合わない成分が入っていないか?チェックしたくなると思います。
そこでアヤナスの化粧水、美容液、クリームそれぞれに使われている成分を探してみきましたのでご紹介しますね!
アヤナスの成分をチェックしてみてあなたのお肌に合いそうか、合わなそうか調べてみましょう!

 

 

アヤナスローションコンセントレートの全成分

アヤナスの化粧水・美容液・クリームの全成分一覧を暴露!

水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール

 

アヤナス エッセンス コンセントレートの全成分

アヤナスの化粧水・美容液・クリームの全成分一覧を暴露!

水、グリセリン、ジグリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水添ポリオレフィン(C6-12)、プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG-150、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

アヤナス クリーム コンセントレートの全成分

アヤナスの化粧水・美容液・クリームの全成分一覧を暴露!

シクロペンタシロキサン、水、ジグリセリン、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6-12)、ステアリン酸スクロース、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

原材料・成分の表示はその製品に含まれている量が多いものから順番に並んで表記させるルールがあります。

 

その為、アヤナスの化粧水・美容液・クリームそれぞれで多くの割合を占めているのは

一番多く含まれているのは水

 

クリームで一番多く含まれている「シクロペンタシロキサン」ってなに?

シリコンの一種で、揮発性シリコンとも呼ばれている揮発性のある無色無臭の液体です。
揮発性というのは、常温でも(温度を上げないでも)蒸発するという意味で、さっぱりして使用感が軽く、油なのにすぐに蒸発するタイプのシリコン油のことです。
溶剤として混ざったクリームなどの中で、シクロペンタシロキサンが蒸発すると皮膜が形成され、形成された皮膜は水をはじく撥水性や潤滑性に優れています。
そのため、トリートメントなどヘアケア製品に使うと、毛髪のツヤがでたり、くし通りがよくなりますし、高い撥水性を目的にウォータープルーフ系の日焼け止めにも配合されます。
また、撥水性を高めて化粧崩れを防止したり、質感の滑らかさや伸びをよくするなどの目的でファンデーションなどのメイクアップ化粧品に配合されます。

 

原材料と成分をチェックしてみて大丈夫そうかな?と思ったらアヤナスを買ったほうが良い人ダメな人の記事もチェックしてみてくださいね!